コラム - 院長より

 

Vol.32 2006/01/15

新しい年2006が明けました。

 クリニックではスタッフの1人が、深い響きを持つ偉人の訓示をミーティングで紹介してくれました。

心訓  福沢諭吉翁
一. 世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つと云う事です。
一. 世の中で一番みじめな事は、人間として教養のないことです。
一. 世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。
一. 世の中で一番みにくい事は、他人の生活をうらやむ事です。
一. 世の中で一番尊いことは、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です。
一. 世の中で一番美しいことは、すべての事に愛情をもつ事です。
一. 世の中で一番悲しいことは、うそをつくことです。

楽しいこと、 立派なこと、みじめなこと、、、、 ここにあげられているものは人の心の動きの全てではないでしょうか。そしてその後に続く事全部は当たり前のことですが、一つ一つとても難しいことです。

諭吉翁のこの心訓を、私を含め、我がクリニックの今年一年の戒めとしたいと思います。