コラム - 院長より

 

Vol.81 2010/2/15

お互いのあり方 男女の場合

 世間はバレンタインで賑わっていますが、クリニックには毎日、男女間の問題で心を痛めて診療におみえになられる方々がたくさんおられます。
最近本当に、パートナーとの関係に悩んでおられる方が非常に多くみられるように思われます。 男性が全く振り向いてくれない、反対に男性の言動に振り回されている女性。DVを受けている方。逆に女性の日常生活態度に疲弊し、仕事が手につかない男性、等々。お互いが知り合った時には、きっとウキウキしていたでしょう二人が何故こういう状態になってしまうのか、理由は当然いろいろあると思います。

 男女がかかわりあう場合、生活を共にする場合、お互いをプラスの方にもっていけるかどうかが、もっとも大切なことだと思います。その人をマイナスの方向に引き下げるようでは、いけないと思います。渦中に入ってしまうと、相手を上げているのか下げているのかわからなくなってしまうもの。そういう時は、第3者の冷めた目を通して判断してもらうのもいいのではないでしょうか?

 人は変われる一緒なら、とよくいわれます。いい方に変わるのも、よくない方に変わるのも、パートナー次第の方がほとんど。人は弱いもの、なかなか一人では生きられません。どうせなら、相手を引き上げて、自分も上がるというのがいいと思います。