コラム - 院長より

 

Vol.91 2010/12/15

道 標 みちしるべ

 クリニックを開設して10年という歳月が流れました。 10年という道標を無事通過できたこと、感無量です。この間、たくさんの方にお会いして、診察させていただきました。元気になられた方、現在も闘病されている方。私自身も、患者さん、そのご家族の皆さまから元気エネルギーをいただき、時にはお叱りを受け、叱咤激励されここまでこれたと感じています。本当に全てのことに感謝いたします。

 今年のNHK大河ドラマでは、龍馬伝が放映されていました。大きな夢をもって、人のために生き抜いた彼には私も熱いものを感じました。今年の医師会旅行で京都を訪れた時、暗殺される直前までかくまわれていた酢屋という材木屋の屋根裏を見ていただけに、とても身近に龍馬の存在を感じました。(余談ですが、この酢屋のこの屋根裏から、あのよく見る龍馬の着物姿のセピア色の写真が出てきたそうです)各藩のため、尊皇攘夷のためだけでなくの、もっと大きく広く考える彼の考え方は常に見習わねばと思います。まさに小我ではなく大我の愛を実践していたと思います。患者さんに接する時、またクリニックの運営でいつも、この小我と大我の愛の実践で悩んできた10年に、今また思いが巡ります。

 爽やかな迫真の演技をしていた主役の福山雅治さんの最新のアルバム 道標2010の歌詞に、とても心をうたれたくだりがありました。(福山さん掲載をお許しください。)

わたしはその手が好きです ただ毎日をまっすぐ生きて
わたしたちを育て旅立たせてくれた あなたのその手が好きです

雨に打たれても土に触って  ひとつひとつ種を蒔く背中は
あきらめた夢もきっとあるでしょう だけどわたしには笑顔で
                  ・・・
人に出逢い 人を信じ 人にやぶれて
人を憎み 人を赦し また人を知る
風に吹かれ 泣いて笑い 生きるこの道

あなたの笑顔 それは道標
風に吹かれ走っています
あなたがくれた この命の道を

 自分をこれまで育ててくださった全ての方への感謝の気持ちは忘れません。特に親にはやはり何があっても、ありがとうの気持ちがこみ上げてきます。いま、私を育ててくれた89歳になる父が、大病を患い闘病をしています。 福山さんのこの歌に心をうたれたのは、育ててくれた父の後姿に、その詞がかさなったからのようです。今日のこの道標を通過できたのも、親の無償の愛があったことをヒシヒシと感じます。これからは、父からバトンを受け継ぎ、その愛を、私を取り巻いてくれている皆さんに注いでいかなくてはと思います。若き日の父の大きな背中が、今の小さくなった背の向こうに見える気がします。けして忘れません、大きな父の存在を。

 2010年もあっという間でした。今年は、年初の二つの目標であった日本認知症学会の専門医試験合格とクリニック主催の江原啓之氏との対談の成功をクリアでき自分自身は納得の年でした。しかし診療面ではまだまだのところもたくさんあり、皆々様にご迷惑をおかけしたところもままありました。来年に向けての反省とテーマを自分なりにみいだしております。 福山さんの最近のアルバム 心colorの詞で今年を締めくくりたいと思います。
皆さん、よいお年をお迎えください!!


桂華先生 活花(診察室)

目の前にあるこの仕事って
自分のためだけに見えるけど
知らずに誰かを笑顔にすることが
あるかもしれない

そうやって誰も見てなくても
自分なりに決めたハードルを
少しずつ高く飛べるようになったら

Woo もう一年 また一年 頑張ってみるよ
もし君がいなかったら とっくに壊れている

めぐりめぐる どの時代も
今が一番キツイ時代だと
そのときどきで
誰もがそう感じるけれど

来年も再来年も
こうして君と一緒にいれるなら
年を取ることも
悪くはないと思えてくるんだ
心color