コラム - 院長より

 

Vol.102 2011/11/15

11月14日

 昨日11月14日をもって、クリニック満10歳を迎えました。当時は現クリニックのすぐ近くに、小さなスペースをお借りして開院しました。そして四年前に現クリニックに移転してきました。

 10年前の開院の日には、労災病院で私が担当していた方々がたくさん来てくださいました。あれからちょうど10年。労災病院の患者さんはもとより、大森を中心とした新しい方々との出会いが多くありました。

 今の私は、純粋な脳外科から少しシフトした(?)、心療内科・精神科的な心の診療と認知症の治療に力を傾けています。時とともに、薬と医療技術は変わります。しかしそれでも私の中では、変わらないものが一つあります。それは心に迫る医療が施せる、またいつも皆さんの近くにいる(侍る:はべる)医師、主侍医であることです。

 11年目の初日に内観したままを書いてみました。これからもがんばりたいと思います。