コラム - 院長より

 

Vol.115 2012/12

自分の存在意義

今年も暮れようとしています。本当に色々なことがあった一年でしたね。

時間の速さには本当についていけないです。年齢が上がれば上がるほど早くなるのはほんとですね。年の数が、そのまま時のスピード(年齢速度)と呼んでもいいくらいの速さですね。10年前に開業したころ撮った自分の写真がえらい若いことに驚きます。

自分が何故ここまで苦しみながらも生きていなくてはならないのか?と、よく質問を受けます。本当につらい毎日、神様を恨んだことも何度かあると、口にされる方々が多くおられます。

あなたがそこにいてくれることで安心される方もいることを、どうぞ思い出してください。泥んこでぐちゃぐちゃになっても、あなたがいなくなってしまったら悲しむ方がいることを忘れないでください。

私の患者さんのお一人から素晴らしい言葉をいただきました。

   たとえ倒れた竹でも
       小鳥たちの止まり木に
            役立っているではないか

皆さん、体を大事にして、本当に良い年をお迎えください。