コラム - 院長より

 

Vol.116 2013/1

謹賀新年

新しい幕開けです。皆さんどんな正月をお過ごしでしたか? 

たくさんのつらいこと、苦しいことがあれば、また嬉しいことに出会った時の感動はひとしおです。闇の深さが深ければ深いほど、差し込む一条の光の輝きを強く感じます。

苦しみの中では、もがけばもがくほど、苦しくなってしまいます。落ち込んでいる時、悲しいみに沈んでしまったときは、陽がまた昇るまで、じっとしていましょう。陽はまた必ず昇ります。

私もたくさんの悩み抱え、苦しみを経験してきました。自業自得の帰結であったこともありました。また人に騙されてしまった結果もありました。こう見えても、今も悩んでいることが私にも多くあります。でも私がここにいて、少しでも闇を輝かせることができるよう、今年は額の光を増していきたいと、気持ちを新たにしています。

自分と自分たちで、今のこの暗い世界を変えていく気概をもって、皆さんともによい時代を創っていきましょう!! 今年もよろしくお願いいたします。