コラム - 院長より

 

Vol.132 2014/5

自分の始末

曽根綾子さんの「自分の始末」という本を読みました。だんだん年齢を重ねていくなかで、さまざまなことを積み重ねていきます。それらを自分で軽くして年を重ねなること。それが人生の中で行わなければならないことであると書かれているように思えました。

僕自身、たくさんの積み重ねがありました。今この時、自分自身も他の方への迷惑を最小限にして、人生の中でレセットしならないことをresetして、人生の後半に向かっていこうと思いました。皆さんこれからもよろしくお願いいたします。