クリニックの紹介

癒しの場を目指して

くどうちあき脳神経外科クリニックは、病気の治療だけではなく心のケアにも重点を置き癒しの場を目指しています。また、古今東西を問わず体によいと考えられる療法をおすすめし、実践しています。

クリニック内は癒しの場になるよう、心身の緊張をほぐす香りと音楽を流しています。

「くどうちあき脳神経外科クリニック ”認知症 早期発見 予防・治療センター”」

2015年12月より開設のセンターです。認知症を早期に発見して、適切な治療と予防のためのアドバイスをする、当クリニック癒しの場における中核の1つです。

センター長は、院長工藤の師の一人である 田平 武 先生です。

田平先生には、週に何回か「もの忘れ(昧神まいしん)外来」を担当していただきます。院長の「もの忘れ外来」だけでなく、田平先生の専門外来の受診もお勧め致します。

田平 武 センター長

自己紹介

もの忘れまいしん外来

人が歳をとって耄碌もうろくし分別がつかなくなった状態を、江戸時代には「恍惚こうこつ」といいました。明治に入りこれは「癡狂ちきょう」とされ、大正以降「痴呆ちほう」となり、2004年厚生労働省は「認知症にんちしょう」という言葉に統一しました。私はかねてからこの認知症と呼ばれる病態は、脳が暗くなった状態のように感じており、どこかを直せばまたパッと明るくなるような気持ちを抱いております。ちょうどラジオの真空管が1本切れて、それを交換するとまた鳴りだすような感じです。認知症の人を支える・お福の会では「月が欠けているように見えても月が丸いことに変わりはない」と表現しており、同じような考えをもっておられます。曖昧あいまいという字はどちらも暗くてはっきりしない状態をいい、神は精神を表す言葉でもあり、それは脳です。私は認知症と呼ばれる状態は脳が暗くなってはっきりしない状態であると思い、「昧神まいしん」という言葉がふさわしいと思っております。いつかきっと明るくなってはっきりする日が来るであろうという気持ちを込めてこの言葉を使い、「昧神まいしん」で苦しんでおられる方に接していきたいと思います。

田平たびら たけし
田平先生の診療日時:
毎週 月・水曜日(祭日、夏季、年末年始休暇を除く)
新患は原則として予約制。
詳細は近日中に「診察予約」に掲示します。

経歴

  • 1970年 九州大学医学部卒業、神経内科学専攻
  • 1974-77年 米国NIH, NINCDS留学
  • 1977年 九州大学医学部付属病院神経内科助手
  • 1982年 九州大学医学部付属病院神経内科講師
  • 1983年 国立武蔵療養所神経センター (現:国立精神・神経センター研究所)部長
  • 2001年 国立療養所中部病院長寿医療研究センター長
  • 2004年 国立長寿医療センター研究所長
  • 2009年 順天堂大学大学院医学研究科 認知症診断・予防・治療学講座 客員教授
  • 2015年 東京医科歯科大学 神経内科学講座 非常勤講師
  • 現在に至る

専門分野

  • 日本神経学会専門医、日本認知症学会専門医、日本抗加齢医学会専門医
  • ・神経内科
  • ・多発性硬化症、実験的自己免疫性脳脊髄炎の研究
  • ・アルツハイマー病の免疫療法の開発、早期診断法の開発
  • ・ストレスによる神経障害の研究

所属学会等

  • 日本神経免疫学会(理事長―終了、名誉会員)、国際神経免疫学会(会長―終了)、
  • 日本認知症学会(理事・編集委員長―終了、名誉会員)、
  • 日本老年学会(理事)、日本老年医学会(代議員・編集委員―終了)、
  • 日本基礎老化学会(理事―終了)、日本抗加齢医学会(理事―終了、監事)、
  • 日本抗加齢協会(理事)、日本神経学会(評議員―終了)、
  • 日本多発性硬化症協会(理事、医学顧問)、日中医学協会(理事―終了)、
  • 認知症の早期発見、予防・治療研究会(代表世話人)