セラピールーム 森の旋律(もりのしらべ)

院長とセラピストからのメッセージ

 豊かな緑にあふれた森には、小鳥のさえずりと、静かなせせらぎが響いています。その声に聞き入り、せせらぎから放たれるマイナスイオンに包まれた時、人はいつの間にか、心がやすまる癒しの空間に導かれています。そこでは、心と身体はオーケストラのように、優しく穏やかな調和のとれた旋律を奏でることができるようになります。 人は時として、日々の出来事に疲れ苦しみ、心と体のリズムが乱れ不協和音を発します。そんな時に、心と体の両面をしっかり支えてくれ、リラックスできリフレッシュができる現実的な場所があったらどんなによいでしょうか。

 クリニックが“医療”を通して心身を整えるところであったとしたら、このセラピールームはアロマセラピーや、リフレクソロジー等の“セラピー”を通して、身体と心を素敵な旋律の中へと導き、心身のバランスを整えていきたいと考えています。単なるエステサロンでなく常に医療と表裏一体の関係にあること、いってみればmedical エステであること、それがこの森の旋律(しらべ)のサロンコンセプトです。クリニックと連携していることで安心感・信頼感をもたらし、1人ひとりの健康づくりに丁寧に個客対応をする中から、健康に関して迅速で正確な「情報」が提供できると思います。

 では私たちがご提供させていただこうと考える、医療と表裏一体のセラピーとは何か? Medical エステと、単なるエステはどう異なるのか? 具体的にご紹介いたしましょう。 街中のエステでは、まず、いろいろなご病状のある方は、残念ながらセラピストやエステシャンは施術をお断りしなくてはいけないことになっています。例えば足に静脈瘤のある方は、医師のいないサロンでのリフレクソロジーは行えません。心臓病や重度のうつ状態にある方、統合失調症の方も、サロンでのアロマセラピーは通常はお断りしなくてはなりません。何かあった時、対処できないからです。私たちのところでは、院長である私の指導下で、クリニックで状態を診ながら経過を追いながら施術できる環境にあるため、一般的にセラピストがお断りする、これ以外のご病状のおありの方々にも積極的に施術を行い、心身によいリズムを取り戻していただく一つのきっかけをご提供できること、それを医療との表裏一体のmedical エステと考えています。

 2007年12月のOPENから3年半が経ち、2011年6月より リニューアルしました。これまでの常連の方も、新規の方も大切にした会員サロンを目指しています。

 セラピールーム森の旋律(しらべ)に、どうぞ足を踏み入れて、いいエネルギーをgetしてください。 スタッフ全員で、お待ちしております!!

 くどうちあき脳神経外科クリニックは学会の一定の条件を満たしている施設に贈られる※一般社団法人 日本アロマセラピー学会認定施設です。

(※一般社団法人日本アロマセラピー学会とは・・・
1997年設立のアロマセラピーを医療に正しく応用するために臨床医を中心に組織された医療従事者の全国的な研究団体で、医師、看護師、助産師、保険師、薬剤師などの現場の医療従事者がアロマセラピーを勉強し、患者様のQOL向上を目指している組織)
~※メディカ出版 ナースのためのアロマセラピー実践応用編P148より引用~

banner