よくわかる Dr.くどうのミニ・レクチャー

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)

 防ごう、避けよう!! 『死の四重奏』

 最近、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)ということが盛んにいわれるようになりました。内臓の周囲に脂肪が蓄積すると血圧、血糖値、中性脂肪が高くなり、脳梗塞や心筋梗塞を発症する率が高まります。そのため肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病の4疾患が重なると『死の四重奏』などと、おぞましい名前で呼ばれてしまうのです。

我々医師は次のようにして、この症候群にあてはまるかを決めています。

(1) ウエスト:男性85センチ以上、女性90センチ以上の場合 (立った状態で軽く呼吸してへその高さで測定する)
(2) 中性脂肪:血液検査で中性脂肪(TG)150 以上、または善玉(HDL)コレステロール40未満(単位mg/100mL)
(3) 血圧:上の血圧(最大血圧)130以上、または下の血圧(最小血圧)85以上(単位mmHg)
(4) 血糖値(BS):食事をしないで測定して110以上(単位mg/100mL)

 (1)に加えて、(2)~(4)の2つ以上があてはまると内臓脂肪症候群と診断されます。受診された時、必ず血圧を測り、診察時にさし上げた検査コピーで(2)(中性脂肪TG)と(4)(血糖値BS)をみて見てください。内臓脂肪は、お腹のCTを撮影するとはっきりととらえられます。下の腹部CTで印のついた白い部位が問題の内臓脂肪です。印の皮下脂肪とは明らかに違いますね。簡単に内臓脂肪を測定するためには、できれば衣替えのたびに、ウエストを測定することをお勧めします。(1)~(4)の4点に気をつけてチェックし、異常であれば早めの治療をしていけば、健康で長生きできます。

写真1